<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲
貧乏ひまなし
貧乏ひまなしとはよく言ったもので
毎日バタバタ過ごしています。

お坊ちゃまが帰ってきてからは
毎朝6時からお弁当作り
洗濯物も、一人増えただけなのに
ぇっ!って感じがするし
終業は17時なのに、毎日2時間残業で
年末までは21時まで残業だそうで
食事が終り、片づけが済むのが22時過ぎ

今まで、とーさんとのんびり暮らしていたから
環境の激変です(笑)


ずっとコンビニ弁当やスーパーのお弁当だったので
手作りお弁当を持たせたいと思うハハです。
残さずきれいに食べて帰ってくるので
作り甲斐は有ります。



「つい今までの癖で、おかずが若者向きちゃうけどごめんよ~」と、言ったら
『うん、えーで』との答え

長男だったらうるさいけど、次男はこういうとき楽チンです。
手のかからない男です♪


雪丸がヤモリを咥えていたとき
「なんとかしてーーーっ!」と叫んだら
何とかしてくれる頼もしさ♪
長男は、小さな虫さえも触れない
次男は『あんまり好きちゃうけど』と言いながら
死んだヤモリを片付けてくれる
頼りになる男です♪


人生色々あるけれど
捨てたもんじ無いって事ですね(笑)
[PR]
Top▲ by muusantoufufu | 2014-12-22 15:41 | 日々
黒豆(朝日新聞記事から)
覚書


水で戻してから味をつける方法もありますが、砂糖を一度に加えると濃度が上がって豆の水分が引き出されます。シワがよる原因にもなるので、その場合はコツや注意が必要です。

 鍋は保温力が高く、煮汁がゆっくり対流する厚手のものを選びましょう。元日に味がしみるよう、3、4日前に作るのがおすすめです。

 火加減と煮汁の量がポイント。煮汁がわずかに泡立つ程度の弱火を保ち、豆が踊らないように気をつけて。煮汁が蒸発して豆が出てきたら、かぶるくらいまで水を足します。豆の表面が出ていると、これもシワの原因になります。

 より黒くするには、さび釘を布に包んで一緒に煮ます。鉄イオンの働きで鮮やかな漆黒に。食べきれなければ小分けにし、煮汁ごと冷凍できます。下記の調理時間は、ひと晩つけ置く時間を除いたものです。(構成・小林未来)

■材料(作りやすい分量、約10人前)

黒豆(乾)………………………300グラム

A(水1600cc、砂糖240グラム、しょうゆ大さじ2、塩少々)

■作り方

①黒豆は水でやさしく洗い、水気を切る。

②鍋にAを合わせる。黒豆を入れてひと晩(約8時間)そのまま置く《もとの豆の2倍ほどの大きさになる》。

③②を強火にかけ、沸騰したら丁寧にアクを取る。

④鍋の表面が静かに沸騰を保つくらいの弱火にし、落としぶたをする。鍋のふたを少しずらしてのせ、5、6時間煮る《まとめて時間をとれなければ途中で火を止めてもよい。トータルで時間をとる》。

⑤ときどきゆで加減を確認する《豆に絶えず煮汁がかぶっているように。煮汁が足りなくなったら、豆がかぶる線まで水を足す》。指で縦につぶしてみて、すぐにつぶれるくらいになれば完成。煮汁につけたまま、ひと晩置き、味を含ませる《3、4日前に作るときは、1日1回煮返すと味がより含まれやすい》。

    ◇

 1人前約145キロカロリー、塩分0.3グラム、脂質5.4グラム

(栄養計算・清水加奈子)

     ◇

 《ヒント》黒豆の選び方 「同じ品種なら粒がより大きいものがおすすめ」と築地場外市場の豆問屋、山本商店の山本正人社長。栄養分をよく吸収しているため、味もおいしいという。大粒のものとしては、畝(うね)を広くとって栽培する丹波の黒豆が有名。丹波ささやま農協によると、今年は品質がよいものが採れているという。
[PR]
Top▲ by muusantoufufu | 2014-12-22 15:18 | 日々
ゆで小豆の作り方(朝日新聞記事から)
覚書

●ゆであずき

■材料(作りやすい量)

あずき………………………………200グラム

砂糖…………………………………200グラム

塩……………………………………少々

■作り方

①あずきは洗って鍋に入れ、たっぷりの水を加えて火にかける。ふたはしない。沸騰したらざるにあけて、水気を切り、アクを捨てる。これを2回行う。

②あずきを鍋に戻し、水600ccを加えて火にかけ、煮立ってきたら弱火にし、ふたをして30分程度煮る《煮汁から豆が出るようだったら、差し水をする》。

③指でつまんで、すぐつぶれるようになったら、砂糖を加える。同じ火加減で10分煮る。

④塩を加えて味を確認する。火を切って鍋のまま冷ます。

●白玉あずき

■材料(2~3人前)

ゆであずき…………………………200グラム

白玉粉…………………………1カップ

水………………………………半カップ

■作り方

①白玉粉をボウルに入れ、水を加えてこねる《耳たぶぐらいのぽってりとした軟らかさが目安》。

②同じ大きさにちぎって、一つずつ丸めて中央を押さえてくぼみをつける。

③鍋にたっぷりの湯を沸かし、白玉を入れる《火加減は強火で》。浮いてきてから1分ゆでて、冷水に取る。

④白玉が冷たくなったらすぐに、水から引き上げる《水っぽくなるのを防ぐ》。器に盛って、ゆであずきをかける。

     ◇

 1人前265キロカロリー、塩分0.3グラム、脂質0.8グラム(栄養計算・清水加奈子)

     ◇

 《ヒント》あずき、インゲン豆、エンドウ豆は炭水化物主体の豆で、乾燥重量の50%以上が炭水化物。たんぱく質も20%程度と豊富で脂質が少ない。一方、大豆は乾燥重量の約35%をたんぱく質が占め、脂質も約20%あり「畑の肉」と言われる。炭水化物は約30%。また豆類は全般的にビタミンB群を豊富に含んでいる。
[PR]
Top▲ by muusantoufufu | 2014-12-22 15:15 | 日々
"Sage Cat" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |