あかんかったね
今日は雨降りでしたが
新聞に「赤い蕎麦の花」が咲いていると載っていたので
行ってみることに。

雨降りなのでカメラは持たず
新聞に載っていた「天の岩戸神社へ行く途中」との大まかな住所が頼り。

「ここ?」
「これだけ?」

見つけたのですが
新聞に載っていた写真は
誇大広告やーーーっ!

田圃一枚も無いくらいの広さで
他にも有るんちゃう?と思って探したのですが・・・・・

誇大広告やーーーーっ!!


その後、以前から気になっていたところへ
お昼ごはんを食べに行くことに。

日曜だけ開けている
水車で脱穀したお米
それが売りの所です。

はっきり言って
「あかんかった」(駄目だったって意味です)

農家のお母さん達がされていました。

入って、食券を買いました。

テーブルに座りました
テーブルにブリキのヤカン、お盆に10個ほど湯飲みがふせてありました。

お茶は生ぬるい、湯飲みは清潔じゃない。

定食を注文し、とーさんはトイレへ。
すぐにカウンターに天ぷらの乗ったお皿が並びました。

ここで不吉な予感がして、レジの方に「天ぷらは揚げ立てですか?」と聞きました。
レジの方は厨房の人に『揚げ立て?』と聞かれていましたが
それっきりで・・・・・

天ぷらの盛り合わせ
お味噌汁
かぼちゃのいとこ煮
お漬物
ご飯

まず、天ぷらは冷たくベチャっとしていて
ゴボウは厚く切りすぎで硬い
万願寺唐辛子はほとんど生
さつま芋も厚く切りすぎて食べにくく
・・・・あかんで・・これ・・・

売りの水車米
冷ご飯と言っても過言ではない冷め加減
新米の甘みも無く、量も少ない。

かぼちゃのいとこ煮もかすかに暖かい・・気がする?
唯一暖かかったのは味噌汁だけ。

食べているとき、新しいお客さんは居ないのに
天ぷらを揚げる音がしていて
次に来るお客のために上げておく様子。


お代金は600円だから仕方が無い?
農家のお母さん達だから仕方が無い?


それ違うよね?

帰り際、レジの方に言わせていただきました。

たとえ600円でもお代金を頂くと言う事は
それはプロ。
顔も見ないうちに天ぷらを揚げて、来るのを待って出すって
それはお客さんに失礼です。
厨房の中には沢山の人が居て、ぺちゃくちゃおしゃべりをしているのに
暖かいものをお出し出来ませんか?
「水車米で日曜限定」って事で、職場でも話題になっていましたが
私はその方たちにお勧めすることは出来ません。
美味しい物を食べて頂きたい、喜んで頂きたい、そう思って作ってください。
お代金を頂く以上、農家のお母さんの片手間仕事と思わないで欲しいです。

厨房のお母さん達にも聞こえるように言いました。

意地悪で言ったのじゃないけれど
嫌な客って思われただろうなぁ・・

とーさんが、「もうここには二度と来ん」と言ってました。
私も納得。




どこへ行っても
あかんかった一日でした。
[PR]
Top▲ by muusantoufufu | 2011-10-30 22:50 | 日々
"Sage Cat" Skin
by Animal Skin
<< 秋の一日 | ページトップ | 今日は良いお天気でした >>