器物損壊ってなに!
先日
千葉市の動物飼育場で、何者かにヤギの角が折られる事件が有りました
詳しくはこちら

事件そのものは勿論腹が立ちます
そんなん腹が立って当たり前


私、どうしても納得がいかない
どうしてこれが「器物損壊」なん?
「傷害」と違うの?

ヤギは「うつわ」でもないし「もの」でもない
ひとつの命
暖かな身体、脈打つ鼓動
「ひと」と変わらぬ命

犬が、猫が、そして今回のヤギが
虐待を受け殺されたり傷つけられたり
そのたびに「器物損壊」として捜査される
違う、「命を奪った」「身体を傷つけた」事件です。

ここでは書かなかったけれど
沖縄のある公園で
子猫のお腹を裂き、内臓を出すという事件が何件も発生している
大阪のある公園では
猫を何かに当て付け、その後四肢を折り、火傷を負わせるて死に至らしめる事件が何件も
京都では
子猫の尻尾を切り取る
名古屋では
里親として譲り受けた子猫を高層階の自宅から投げ落とし殺す

それが「器物損壊」なのか

物言えぬ動物達への虐待は
数え切れないほど有って
人に知られるのはほんの一握りだろうと思います


「命」として思いやって欲しい
自分と同じ「命」として考えて欲しい







ポチってしてね
[PR]
Top▲ by muusantoufufu | 2010-04-07 23:38 | 日々
"Sage Cat" Skin
by Animal Skin
<< 失敗 | ページトップ | ブログのイメチェン >>